残したい風景がある〜倉沢の棚田せんがまち〜

静岡大学・附属図書館ギャラリー企画展

残したい風景がある〜倉沢の棚田せんがまち〜

静岡大学・附属図書館ギャラリー企画展

静岡大学ギャラリー企画展に行きました。テーマは、弊社も保全活動にかかわる『せんがまちの棚田』。

棚田研究会の活動発表

静岡大学の棚田研究会もせんがまちの棚田保全に素晴らしい貢献をしています。そんな棚けんが、残したい風景がある!それが『せんがまちの棚田』なんだ!と展示・案内を通じて訴えてくれました。

ちょうどこの日(1/24)は、ギャラリートークがあると言うので、時間を合わせてお邪魔してみました。

棚田研究会の活動発表の場としては最高のギャラリーです!

棚田活動の一年を紹介してくれています!

代掻き・田植え

5月代掻き・6月田植え

代掻きは、普段農作業をしていない者には、ちょっとハードかな。
田植えはとにかく一番楽しいイベント!です。

草刈り・稲刈り

7・8・9月草刈り・10月稲刈り

夏の草刈りはホントしんどいですが、そこを乗り越えると有り難みが3倍になります。
そしてクライマックスが稲刈り!地元の方、棚田オーナーのみんな、大学生で喜びを共有できるのが素晴らしい!です。

せんがまちマップ

棚田オーナー制度

棚田オーナー制度 <<< 詳しくはこちら!

静岡大学の棚田研究会の代表天野くんのギャラリートークもとても地域を勉強しているんだな…と、感心しちゃいました。

棚田ブログ <<< 詳しくはこちら!

静岡大学、噂のギャラリー企画展(1/31まで) <<< 詳しくはこちら!

投稿者 : しずまち


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)