‘ホームページ制作実績’ カテゴリーのアーカイブ

“ふじのくに”のフロンティアを拓く取組公式ウェブサイト

2018 年 11 月 28 日 水曜日 投稿者:takayanagi

"ふじのくに"のフロンティアを拓く取組

“ふじのくに”のフロンティアを拓く取組公式ウェブサイトを制作させていただきました。

以前は「内陸のフロンティア」を拓く取組でしたが、名前も変わって内容も改めてリニューアルいたしました。

市町の取組ブログでは35市町にそれぞれユーザーを作成し、該当の市町しか更新できないようにユーザー権限を付与してます。

また、35市町の取組ページを作成し、それぞれのページに該当ブログの記事を表示するということもやっております。

複数店舗を経営していて、各店舗で更新する場合は同様の方法が使えると思います。

“ふじのくに”のフロンティアを拓く取組公式ウェブサイト

■URL:http://www.nf.pref.shizuoka.jp/

マルミヤ様が東京で期間限定ショールームをオープン!

2018 年 11 月 7 日 水曜日 投稿者:takayanagi

期間限定ショールーム

円形ダイニングテーブルなど、ゆるやかなラインを描いた家具が特長の株式会社マルミヤ様が東京で期間限定ショールームをオープンされます。

今回、弊社は期間限定中目黒ショールームページ作成とネット広告をやらせていただきました。検索連動型広告で認知度を高めてランディングページへリンクさせて来場誘導する施策です。

検索連動連動型広告は期間限定で出稿できますし、地域や配信時間なども設定することができるため、ターゲットを絞ってより購買意欲の高いユーザーへ配信することができます。

東京近郊でマルミヤさんの家具が気になっていた方、丸いダイニングテーブルが欲しい方は是非この機会に中目黒ショールームへお越しいただき、見て・触って・使い勝手を体感してみてください。

期間限定ショールーム:http://www.marumiya-kagu.co.jp/tokyosr/

段ボールの多品種・小ロット対応なら共同紙器株式会社さま

2018 年 10 月 26 日 金曜日 投稿者:takayanagi

段ボールの共同紙器株式会社

島田市の段ボールBOXメーカーの共同紙器株式会社さまのwebサイトをリニューアルさせていただきました。

どのようなwebサイトを作っていくかを最初にお打ち合わせさせていただいたら、共同紙器さまご自身で自社の強みをまとめていただき、原稿をご提供いただきました。写真や製品情報の展開図もデータでご提供いただきました。ありがとうございます。

素材はご提供いただいたので、共同紙器さまがどんな会社なのかファーストビューで表現し、強みをわかりやすく表示してユーザーにメリットが伝わるように尖らせます。

そうです。あれもこれもできますと付け足すのではなく、強みを際立たせるために極力必要のない情報を削除して尖らせるのです。

しかし、あまりに提供する情報の量が少ないウェブサイトでは、お客様が知りたい情報を知ることができないので、バランスが重要だとは思います。

製造業のwebサイトは会社案内とパンフ的に捉えている方もいらっしゃるかもしれませんが、自社の強みを際立たせ、どんな価値を提供できるのかを伝えれば、webサイト経由でお問い合わせを獲得できる良い例だと思います。

Webサイト情報

共同紙器株式会社

■URL:http://www.kyodoshiki.jp/

■お問い合わせ先:共同紙器株式会社

■TEL:0547-38-1101

■住所:〒427-0111 静岡県島田市阪本4293

アクセス解析してリニューアルした株式会社片山建設さま

2018 年 10 月 22 日 月曜日 投稿者:takayanagi

株式会社片山建設

片山建設さまのwebサイトをリニューアルさせていただきました。片山建設さまとは2005年からのお付き合いです。そして、今回4度目のリニューアルです!

まず、現状を把握するためにGoogleアナリティクスのデータを基にアクセス解析しました。ブログやシステムで更新する記事を除くと20ページくらいページがあったのですが、見られているページは限られていました。

そこで行ったのが、改めてターゲットを設定し、閲覧数の少ないページや内容の重複しているコンテンツを整理し、階層を浅くして片山建設さまの特長をギュッと凝縮したwebサイトにしました。

子どもが笑顔で暮らせる木をふんだんに使用した住宅。そうした暮らしが実現できる理由は、外断熱工法、無垢材、ロケット工法といった工法を採用しているから。

そして何より片山建設さまが小さなことでも親身になって相談にのる、お客様の希望を受け入れるだけでなく、本当に必要なことを選び、無駄を極力なくす提案をされていることが一番だと思います。

色をロゴの黄緑、黒、白を採用し、なるべく写真が映えるようにシンプルに、余白をゆったりとってデザインしました。レスポンシブwebデザイン対応、施工事例やお客様の声などはサクセスCMS、ブログはWordPressを導入しています。写真は片山建設様からご提供いただきました。

Webサイト情報

株式会社片山建設

■URL:http://www.kata-ken.co.jp/

■お問い合わせ先:株式会社片山建設

■TEL:054-635-7022

■住所:〒426-0041 静岡県藤枝市高柳3丁目29-15

12年ぶりのwebサイトリニューアル!芙蓉監査法人さま

2018 年 10 月 17 日 水曜日 投稿者:takayanagi

芙蓉監査法人

芙蓉監査法人さまのwebサイトをリニューアルさせていただきました。

芙蓉監査法人さまのwebサイトを制作させていただいたのは、なんと2006年!12年も前です。今回、名刺交換した方や関与先の法人の方が見ても古さを感じさせないwebサイトにしたいという目的でリニューアルさせていただきました。

主なご要望は3つありました。

  • 堅苦しくないイメージで
  • トップページをなるべく一画面でおさめる
  • シンプルだけど手抜き感がないように

「シンプルだけど手抜き感がないように」が人によって受け取り方が変わるのでハードルが高いのですが、画像やイラストを適度に入れて余白をとりすぎないように配慮しました。

レスポンシブwebデザイン対応、イラストは弊社デザイナーが作成し、外観写真は高柳が撮影しました。

Webサイト情報

芙蓉監査法人

■URL:https://www.fuyou-audit.com/

日本人にフィットするメンズアロハシャツを買うなら「Mana Lei」さま

2018 年 10 月 15 日 月曜日 投稿者:takayanagi

メンズアロハシャツ通販のMana Lei

メンズアロハシャツを販売している「Mana Lei」さまの通販サイトを制作させていただきました。

Mana Leiの代表者の朝岡様は、単身でハワイへと渡り、ワイキキから離れたホノルル中心部の生活幹線道路沿いで、おむすび専門デリ「Mana Bu’s」をオープンして成功された方です。

ハワイ旅行中に買ったアロハシャツが日本に帰って改めて見ると派手すぎて着れない・・・。こんなことありませんか?

そう。ハワイはアメリカ人のお客様を主にイメージして商品を並べているから、日本人の体形には似合わないのです。

オーナーは、地元コミュニティに密着した外国人起業家として10年間活躍された経験をもとに、ハワイのトップブランドの中から日本人の生活に馴染む高品質のアロハシャツをセレクトしています。

また、アロハシャツを通して心の温かなハワイを象徴するアロハシャツ文化を日本に暮らす日本の皆さまへ伝えたいという想いをお持ちです。

スペシャルページの「Mana Leiの約束」や「着こなし術」、「サイズ解説」などで少しでもオーナーの想いが伝わればと思います。

機能的には、色とサイズごとに在庫を表示し、それぞれカートに入れられるようにカスタマイズしました。

EC-CUBE3系の規格表示のカスタマイズ

クールビズでも着れる品のよい柄がそろってますので、是非のぞいてみてください!

Webサイト情報

日本の生活にフィットする高品質アロハウェアの通販セレクトショップ
「Mana Lei」

■URL:https://alohadirect.net/

FRP加工機械製作のスペシャリスト滑川機械有限会社さま

2018 年 10 月 12 日 金曜日 投稿者:takayanagi

FRP加工機械製作の滑川機械

2年前に滑川機械有限会社さまのwebサイトを制作させていただきました。webサイトを作って販路を切り開きたいという切実な想いを受け止め、どうしたら滑川機械さまへ依頼するメリットがユーザーへ伝わるのかチームウェブサクセスで悩みました。

当初、FRPドレンをメインで作っていたので、FRPドレンの製作工程を伝え、効率良く低価格で提供できることを押し出そうとしました。

しかし、一度情報を並べてみたのですが、無難にまとまり滑川機械さまへ依頼するメリットが伝わりません。そこで、一度作ったwebサイトを社長に見てもらいながら、

「社長が持ってる技術やノウハウがwebサイトに注入できてますか?」
「社長が本当に受注したい仕事はFRPドレンの製造ですか?」
「社長の仕事への想いが伝わりますか?」

と今更ながらの質問をしました。

実は、社長が原稿作成に関わってなかったのです。販路を切り開きたいのに社長が関わってない。これでは成果が出るwebサイトが出来るはずがありません。

時には声を荒げて議論しながら、webサイトで成果を出すにはどうしなければならないのかを理解していただきました。

そうして決まった方向性がFRPドレンを作る工程で発生する「ガラスマットを裁断する機械」をメインに紹介し、オリジナルで開発した機械や技術も掲載することで、ユーザーの要望に応えるオリジナルの機械を製作できることを伝えることにしました。

ガラスマットは、ほとんどの会社がカッターナイフを使って手作業で切断しているそうです。これを効率良く機械化できないかと社長が考えてできたのが滑川機械オリジナルの「ガラスマット裁断機」です。

ガラスマット切断は、FRPを加工している会社だったら何とか効率良くできないかと考えているから絶対に需要があると社長が自信を持っていたので、この方向性でいくことにしました。

方向性が決まったら、ガラスマットを実際に機械で裁断している動画を載せよう、以前製作した全方向回転型筋力トレイニングマシンの動画があるんだけど・・・などコンテンツが次から次へと出てきました。

そうして完成したwebサイトは、北は埼玉県から南は沖縄県までお問い合わせが入っているそうです。とてもマイナーな需要を攻めていますが、そこを確実にとらえるモノを作ればちゃんとお問い合わせが入るのです。

時間がかかりましたが、販路を切り開くことに貢献できて本当によかったです。

Webサイト情報

滑川機械有限会社

■URL:https://www.namekawa-kikai.com/

■お問い合わせ先:滑川機械有限会社

■TEL:054-367-9000

■住所:〒424-0114 静岡県静岡市清水区庵原町2480-4

静岡市で梱包・内職代行なら有限会社アルプスさま

2018 年 6 月 5 日 火曜日 投稿者:takayanagi

有限会社アルプス

有限会社アルプスさまは、特に厳しい基準をクリアしなければならない「化粧品メーカー」等の業務を請け負い、大量受注に対応するエアシャワー完備の工場(80坪)が」あります。専属スタッフが徹底した衛生管理と工程管理のもとで緻密な作業を迅速に行っています。

企業様へ見てもらうことを前提に清潔感があり、しっかりとした仕事をする会社であることが伝わるwebサイトにしたいというご要望がありました。

アルプス様のコーポレートカラーである青色を基調に白とグレーを使ってシンプルにまとめ、清潔感と仕事の堅実さが伝わるように意識してデザインしました。

メインビジュアルは化粧品と箱の素材を加工して美しい梱包を表現してみました。また、イラストを使ってアルプスさまの業務の流れをトップページにわかりやすく掲載しました。

また、信頼感を得るためにプライバシーマークや許認可番号を目立つ箇所に表示してます。そして、仕事の様子をわかりやすく写真で表現しました。(高柳撮影)

今回、採用情報は作りませんでしたが、アルプスさまのお仕事を請け負う方にとっても仕事の様子がわかるのはプラスになるのではないでしょうか。

会わずして信頼を得るためのwebサイト。今回改めてその重要性を確認しました。

Webサイト情報

有限会社アルプス

■URL:http://alps-shiz.com/

■お問い合わせ先:有限会社アルプス

■TEL:054-289-2235

■住所:【本社】〒422-8046 静岡県静岡市駿河区中島709-7

遺産相続などの法律相談をするなら浅野・若狹法律事務所さま

2018 年 4 月 5 日 木曜日 投稿者:takayanagi

浅野・若狹法律事務所

なぜか法律事務所さまからご依頼をいただくことが多いウェブサクセスです(笑)今回、浅野・若狹法律事務所さまからwebサイトをリニューアルしたいとご連絡いただき、制作させていただきました。

法律事務所さまは専門分野や裁判での勝率などを掲載してはいけないといった制限がありますので、事務所の特長をわかりやすく表現するのが難しいです。

しかし、弁護士さんも他業種とアプローチの仕方は変わりません。トラブルを抱えていて弁護士へ相談したい方の目線で考え、掲載する情報や見せ方を工夫することが大切です。

ユーザーが弁護士を探す方法は、

  • 友人や知り合いに紹介してもらう。
  • 「静岡市 弁護士」などで検索する。
  • 市役所に聞いてみる

などでしょうか。

そうして法律事務所様のwebサイトにたどり着いた時にユーザーは何を見たいのか。やはり、相談相手である弁護士の先生がどんな方なのかが一番気になるのではないでしょうか。しかめっ面の先生の写真が載っていたら、その先生に相談したいと思いますか?ただでさえ怒られそうな気がするのに余計に相談しづらくなってしまいますね。先生もスマイルが大事です。

また、自分の抱えているトラブルに適切な解決方法を導いてくれるのか、裁判になったら勝てるのかといったことも気になると思います。それはブログなどで日常や趣味、考え方などを更新して先生がどんな方なのかを知ってもらうことで、自分との相性を判断してもらうことができますし、解決事例を掲載することでどのように解決できるのか想像できます。

そうしてコンテンツを集めてレイアウトしていくと事務所の特長がでます。弁護士がある意味商品になりますので、先生が前に出ないと事務所の特長が出ません。webサイト上に顔出ししない、似顔絵を掲載していては、新規ユーザーの獲得は難しいと個人的には思います。

浅野・若狹法律事務所さまはプロのカメラマンに程よい笑顔で撮影していただきました。笑い過ぎても締まりがなくなってしまいますので、「程よい」がポイントではないでしょうか。また、法律事務所様webサイトはスマホで閲覧される割合も高めなので、レスポンシブwebデザインで制作しました。また、WordPressを導入していますので、ブログも更新していただいてます。

浅野先生、若狹先生の真面目で堅実なお人柄、落ち着いて対応していただける安心感が伝わるとよいと思います!

Webサイト情報

浅野・若狹法律事務所

■URL:http://www.asano-wakasa.com/

■お問い合わせ先:浅野・若狹法律事務所

■TEL:054-251-0001

■住所:〒420-0858 静岡市葵区伝馬町9-11原科ビル2A号室

お墓参り代行なら株式会社鈴政石材さま

2018 年 3 月 1 日 木曜日 投稿者:takayanagi

お墓参り代行なら株式会社鈴政石材

お墓の困ったを解決する鈴政石材さま。お墓のプロのwebサイトを制作させていただきました。

墓石の加工・販売を専門としているお墓のプロ「鈴政石材」さまがお墓参りを代行してくれるというサービスを始められました。

  • 脚を悪くしてお墓参りに行くのが大変
  • お墓が自宅から遠くてなかなかお墓参りに行けない
  • 自分の後にお墓の面倒を見てくれる人がいない

など、お墓に関するお悩みをどこに聞けばよいのかわからない、お寺と縁遠くなってしまい聞きづらい等、お困りかと思います。
そんな時には鈴政石材さまへご相談ください。
適切な解決方法を提案してくれます。

お寺や石材店さんのwebサイトは紫や黒色を使ったウェイトが多いですが、ユーザーが敷居を高く感じないように緑色をメインカラーに採用しました。

トップページには、お墓に関するお悩み事から入ってもらう入口を設置しました。お墓参り代行やお墓の修繕といった明確な目的がある方はメニューから入っていただけます。

便利屋さんが行う代行との明確な違いを出すために、実際にお墓参りを代行してるところを撮影させていただき、「何を」「どこまで」やってもらえるのかを明記しました。

webサイトを見る方の年齢層が高いことを想定し、画像や文字を大きめに表示するように配慮しました。レスポンシブwebデザイン対応してますので、スマホでも見やすい表示になっています。

Webサイト情報

株式会社鈴政石材

■URL:http://www.suzu-masa.jp/

■お問い合わせ先:株式会社鈴政石材 担当宛て

■TEL:054-296-6616

■住所:〒421-2114 静岡市葵区安倍口新田424-3

在留ブラジル人の方必見!株式会社翔栄建装さま

2018 年 2 月 18 日 日曜日 投稿者:takayanagi

株式会社翔栄建装

株式会社翔栄建装さまは代表の平下様が在留ブラジル人であることもあって、在留ブラジル人の方がポルトガル語で打ち合わせができる住宅会社です。

平下様は15歳の時に来日して以来、20年以上、外壁工事の職人として住宅業界に携わってきました。だから、日本語も流暢でコミュニケーション能力の高い方です。

在留ブラジル人の方にとって日本という異国の地で、母国語でコミュニケーションがとれるというのはとてもありがたいのではないでしょうか。平下様のお人柄も真面目でとても頼りになる方なので、住宅に関してお困りごとがあったら何でも相談してください!

webサイトは、ポルトガル語サイトと日本語サイト両方作成しました。デザインとコンテンツ共通です。レスポンシブwebデザイン対応してますので、スマホ・タブレットでも適切なレイアウトで表示されます。

土地から相談にのってくれるので、日本で住宅を建てたい在留ブラジル人の方、是非一度翔栄建装さまへご相談ください。

Webサイト情報

株式会社翔栄建装

■URL:https://shoueikenso.com/

■お問い合わせ先:株式会社翔栄建装 担当宛て

■TEL:054-374-4943

■住所:〒424-0212 静岡市清水区八木間町1898

イベントカーなど特装車の設計・製造なら坪井特殊車体株式会社さま

2018 年 2 月 5 日 月曜日 投稿者:takayanagi

坪井特殊車体株式会社

坪井特殊車体株式会社さまは、焼津市にあるイベントカー、移動販売車などのの特装車を設計・製造するトラックの架装メーカーです。

ダカールラリー8連覇を成し遂げた「HINO TEAM SUGAWARA」のボディを担当したピカ一の技術をもった会社です。世界一の過酷なレースに耐えうるボディを製造している技術力はもちろん、お客さま一人ひとりのこだわりを実現するためにインテリアの吊戸棚の幅や高さ、出幅寸法はもちろん、取付位置、座席や床材、照明、壁紙にいたるまでサンプルなどをご覧いただき、ご要望にとことん応えています。

「100/100は作らない、1/1の車を作る」TSBのこだわり。

こだわりの強いお客さまのご要望に、設計や製造担当が相談し、社内全体で製造に携わって応えてきたからこそ技術力が培われてきました。

webサイトは、そんな坪井特殊車体様のこだわりが伝わるようにトップページのメインビジュアルに動画を取り入れました。そして、何と言っても坪井特殊車体様が製造された車を見てもらうのが一番です。webサイトをWordPressで構築していますが、製品紹介を坪井特殊車体様で更新しやすいようにするためにヒアリングし、WordPressをカスタマイズしました。

製品紹介の見せ方は他にはない坪井特殊車体様のこだわりが出ていると思います!

Webサイト情報

坪井特殊車体株式会社

■URL:http://www.tsb1972.co.jp/

■お問い合わせ先:坪井特殊車体株式会社 担当宛て

■TEL:054-629-3001

■住所:〒425-0076 静岡県焼津市小屋敷138

季節で楽しむ和菓子屋さん「駒形桃園」さま

2018 年 1 月 21 日 日曜日 投稿者:takayanagi

静岡市の和菓子屋「駒形桃園」

静岡市葵区の駒形通りにある和菓子屋さん「駒形桃園」さまのwebサイトを制作させていただきました。和菓子屋さんも食べ物を扱っているので、写真が美味しく見えることが大前提。カメラマンに撮影してもらいました。

駒形桃園さまのwebサイトを制作させていただいたことで、季節ごとに変わる和菓子を味わう楽しみ方を教えていただきました。春は桜の葉の香りと甘さを引き立てる塩加減が絶妙な「さくらもち」。5月はこし餡と餅を同時に口に含んだ時の味わい深く、葉の香りがほんのり鼻から抜ける「柏餅」。暑くなる7月から「わらび餅」が始まり、寒天とお砂糖で造る夏のお菓子「錦玉」も登場。9月から「栗むし羊かん」で秋を感じ、冬はテッパンの「いちご大福」。今月の和菓子は「〇〇」だなぁと季節とセットで和菓子を思い浮かべる。そんな楽しみ方がwebサイトで表現できたらと思い、制作しました。

駒形桃園さまは、手土産の和菓子選びも用途によって適切なアドバイスしてくれます。ご挨拶へ伺う時に何かよい手土産はないかとお悩みのときは、和菓子はいかがでしょうか?駒形桃園さまへお気軽にお立ち寄りください!

Webサイト情報

駒形桃園

■URL:http://komagata-momozono.com/

■お問い合わせ先:駒形桃園 担当宛て

■TEL:054-252-2381

■住所:〒420-0042 静岡市葵区駒形通3丁目1番18号

静岡市で外車を修理するなら前田自動車塗装所さま

2018 年 1 月 10 日 水曜日 投稿者:takayanagi

有限会社前田自動車塗装所

有限会社前田自動車塗装所様は、厳しい条件をクリアし、平成29年3月にメルセデス・ベンツ シュテルン世田谷・東名静岡 指定板金塗装工場に認定されました。

前田さんが使用している水性塗料のスタンドックスは、ヨーロッパ屈指の自動車補修用塗料ブランドであり、数多くの自動車メーカーから推奨されています。

水性塗料は仕上がりが美しい反面、乾燥時間が長いのがデメリットですが、前田さんでは従来設備の2倍のパワーを持つ温風塗装ブースの導入により、乾燥時間を2分の1にすることができます。

さらに、デジタル計測により、目分量で調色するのではなく、計測したデータに基づき、どの色をどれくらい入れればよいのかを正確に配合しています。デジタル計測による塗料の正確な配合、勘と経験が必要な目視による調整、両方行うことで、より正確な色合わせを実現しています。

スーパーの駐車場でちょっと擦ってしまった。」「雨の日にバックしてちょっと当ててキズをつけてしまった。」など、お車のスリキズやエクボ、ヘコミなどもスピード修理できますので、お気軽にご連絡ください!

Webサイト情報

有限会社前田自動車塗装所

■URL:http://maedajidoushatosou.co.jp/

■お問い合わせ先:有限会社前田自動車塗装所 担当宛て

■TEL:054-345-7453

■住所:〒424-0053 静岡市清水区渋川2丁目8番22号

綿100%の木綿布団なら「新貝ふとん店」さま

2017 年 12 月 9 日 土曜日 投稿者:takayanagi

新貝ふとん店

平成29年度の現代の名工を受賞された新貝ふとん店様のwebサイトを制作させていただきました。布団屋さんのwebサイトを制作するのは初めてでした。しかし、どの業種でも制作のキモになるところは同じです。そこをしっかりと押さえて表現するのが基本です。

さて、新貝さんは現代の名工だけでなく、第15回全国技能グランプリ優勝・労働大臣賞を受賞されたり、マイスターとして活躍されているスゴ腕の持ち主です。と聞くと、ついつい技術や布団への熱い思いを知ってもらいたいとアレもコレもと盛りだくさんになってしまうパターンに陥りそうになります。

しかし!自分に合った寝心地の良い布団が欲しいと思っている方がそれを見た時、どう思うでしょうか?お客さまが知りたいことは、自分に合った寝心地の良い布団を作ってくれるのかということです。あくまでも「自分に合った寝心地の良い」裏付けにしっかりとした技術があることを紹介しなければなりません。

新貝さんとファーストコンタクトをとった時は、そんなお話を始めにさせていただきました。新貝さんも技術や受賞歴、老舗感を押し出したいと思っていたわけではなく、子どもの健康を気遣うお母さんが新貝ふとん店の布団を使いたいと思ってくれるようなwebサイトにしたいという意向でした。

新貝ふとん店さまの手作り布団は、静岡県産の遠州綿紬を使った綿100%の木綿布団です。利益を考えると少し化学繊維を入れてしまう同業者が多い中、お客さまのためには綿100%の方が寝心地も良いし、カラダにも優しいという強いこだわり。スゴ腕の持ち主なのにとても謙虚で物腰が柔らかいお人柄。押しつけがましくなく、シンプルにやんわりと伝わるように意識してデザインしました。

新貝さんが製作したばかりのお布団は、本当に柔らかくてフカフカです。そんな感じが写真で伝わるでしょうか?ちなみにトップページのメインビジュアルで使用した画像は、高柳が撮影しました(笑)

自分が使っているせんべい布団を変えたいと思っているので、新貝さんへお願いしよう!(笑)

Webサイト情報

綿匠 新貝ふとん店

■URL:https://shingaifutonten.com/

■お問い合わせ先:綿匠 新貝ふとん店 担当宛て

■TEL:054-369-0350

■住所:〒424-0206 静岡県静岡市清水区興津清見寺156-5