ガンブラー:企業HP改ざんの脅威(マルウェア感染)

ガンブラー:企業HP改ざんの脅威(マルウェア感染)

私がセキュリティー(ウィルス対策)について語るのもおこがましいですが、専門誌や経済新聞だけでなく静岡新聞や、つい先だっては『めざましテレビ』でも取り上げられるほど、身近な脅威となっている企業HPの改ざん問題

企業HPの改ざんにつながる悪意あるウィルスで最も被害を引き起こしているのが、「ガンブラー」と呼ばれる新種のウィルスです。

流行のマルウェア「ガンブラー」とは、どういうウィルスでしょうか。

「ガンブラー」とは、

  • 感染したパソコンのFTP(ファイル転送)のID、パスワードを盗み出して、HPを改ざんする悪意あるウィルスです。
  • 改ざんされたHPを閲覧した訪問者が、有害サイトへ誘導され、更にウィルス感染をする危険性が高まります。

つまり、あなたが閲覧者への加害者になってしまう可能性があるということです。

一般の方もウィルス感染しないように注意をして健全なネット活用をしようと努力する時代ですから、企業HPの管理担当者の方であれば、より高い意識で対処を考えておく必要があるのではないでしょうか。

次回は、ガンブラーの感染を防止する方法をご案内したいと思います。

投稿者:しずまち


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)