御衣黄(ぎょいこう):珍しい桜の名所

御衣黄(ぎょいこう):珍しい桜の名所

御衣黄(ぎょいこう):珍しい桜の名所

珍しい桜の名所として、『静岡県立美術館・図書館』横の“プロムナード”をご紹介したいと思います。

静岡県民・静岡市民の憩いの場としての静岡県立美術館周辺は、有名なところだと思います。

桜のスポットとしても多くの方に愛されていることは、私が言うまでもありません。

ただ意外と知られていないのが、とても珍しい品種の桜が楽しめるということではないでしょうか。

そのひとつ、御衣黄(ぎょいこう)。『サトザクラの品種。花は4月中旬に咲く。花弁は13枚、縁は外側に反り返り淡緑色、部分的に濃い筋が入る。(案内プレートより)』

というわけで、お気づきと思いますが、この週末、御衣黄(ぎょいこう)はまだ開いていませんでした。来週以降に咲くでしょうから、桜を見逃したと思った方は行ってみてください。

投稿者:しずまち


コメント / トラックバック 1 件

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)