飲食店のホームページ作成を考える-3

Webとデジタルサイネージでガンガン集客!

飲食店は今後特にクロスメディアへの対応が必要です。

飲食店はよく「浮気されやすい業界」と言われます。

確かに人間はどれだけ美味しいものを頂いていても、贅沢なので直ぐに飽きがくる生き物です。だからリピーターをキープするのに苦労する業界といえるでしょう。

勿論、リピーター獲得が出来るように各店努力されていることでしょうし、新規顧客獲得の為には、既存客への充実したサービスというのが大切になのは、私が言うまでもありません。

でも考えを切り替えて、「(浮気されるなんて言わずに)いろんなところで食べてもらって、また私の店にも来て下さい。」と考える店舗オーナーも増えています。
インターネットユーザーに対しては、そんな力の抜けた情報発信(ブログ活用など)が効果的です。

お客さんのニーズに寄り添うことで、満足度をアップさせている店長ブロガーさんも増えています。この考え方とマッチするのが、次世代メディアと言われる『デジタルサイネージ』です。

デジタルサイネージ成功のポイントは、「飽き」との戦いです。だからお客様のニーズに寄り添う情報提供をすることで、「飽きがこない」メディアに育てていかなければなりません。

私たちWeb業界から生まれるアイデアは、これからの無限大の財産となるはずです。市場が成熟していない「デジタルサイネージ」に役立つ技術は、Webの領域にいくらでも転がっている、私はそう思っています。私たちも日々研究をしています。Webとデジタルサイネージのクロスメディアで、百年に一度の不景気をチャンスに転換していきたいと思います。

店舗プロモーション『デジアド』(デジタルサイネージの効果) << ブログで確認

次回は、「デジタルサイネージで飲食店へ来店・消費誘導」について

投稿者:しずまち


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)