ヤフー&グーグル提携後のSEO・リスティング広告

2010 年 8 月 10 日 火曜日 投稿者:しずまち

Yahoo!JAPANがGoogleの検索技術を採用!

ヤフー&グーグル提携後のSEO・リスティング広告

7月27日に衝撃のニュースが流れてから、ちょうど2週間が過ぎました。

インターネットの歴史年表「2010年」欄に間違いなく載ることになるほどの話題です。その後、早速「今からはじめるグーグル対策」や「小手先ヤフー対策業者が消える」などの話題があちこちから流れてきます。

私たちは元々、「信号機で言えば『青信号』のSEO対策が長い目で見れば一番重要。」という立場を取ってきました。
お客様でお伝えしていることを確実にやって下さっている方は急に慌てる必要はないはずです。寧ろ日本の検索市場において落ち着きのあるSEO対策が主流になると考えたいものです。

ここしばらくの会見等の内容は、

  • 日本のヤフーが、米グーグルの検索技術を採用
  • 検索システムの変更時期は未定、2年間の契約
  • 採用の範囲は、検索エンジン(ウェブ・画像・動画・モバイル)、検索連動型広告の配信システム

もっと細かい気になる話として、

  • Googlebotがクロールし、グーグルに登録・削除されれば、ヤフーでも登録・削除
  • 一部の米ヤフー技術は、引き続き技術供与を受けて使えるようにする予定
  • Yahoo!ビジネスエクスプレスの事業はやめる理由がないので継続していく

基本的にはグーグルの検索システムがベースになり、ヤフー独自のサービスは継続するので、検索ちゃんぽん?ブレンド?になります。いずれにしても適正なサイト運用をしているのであれば、慌てた対策は全く必要ないと思います。

投稿者:しずまち


コメントをどうぞ

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)