‘SEO対策・ネット動向’ カテゴリーのアーカイブ

Google提携後のSEO対策をBEPで行うWebセミナー

2010 年 9 月 7 日 火曜日 投稿者:しずまち

Google提携後のSEO対策をBEPで行うWebセミナー(静岡商工会議所主催)

Google提携後のSEO対策Webセミナー(静岡商工会議所主催)

ビジネスeパスポート(静岡商工会議所会員向けポータルサイト)の登録企業向けに開催されたWebセミナーです。

Google提携後のSEO対策をBEPで行うWebセミナー(静岡商工会議所主催)

インターネット動向として、Yahoo!とGoogleの提携後のSEO対策の状況を解説。

米Yahoo!は既に8月24日(現地時間)、マイクロソフト社のBingに切り替えられ、日本も年内にはGoogleに切り替えられるとのこと。

オーガニック検索については、Google対策
ブレンド検索については、Yahoo!対策が残ることを説明しました。

それではビジネスeパスポート登録企業が何をしたらいいのか・・・。

商工会議所では珍しい機能を実装しているポータルサイトを活用することが大切ですので、その活用法と9月初めに設置されたアクセス解析ツールについて紹介。

その後は、希望企業の方の個別相談をお受けしまして、13時30分からのWebセミナーは17時過ぎに無事終了。お疲れ様でした。

投稿者:しずまち
My twitter ID: websjp << よろしければフォローして下さい!

ヤフー&グーグル提携後のSEO・リスティング広告

2010 年 8 月 10 日 火曜日 投稿者:しずまち

Yahoo!JAPANがGoogleの検索技術を採用!

ヤフー&グーグル提携後のSEO・リスティング広告

7月27日に衝撃のニュースが流れてから、ちょうど2週間が過ぎました。

インターネットの歴史年表「2010年」欄に間違いなく載ることになるほどの話題です。その後、早速「今からはじめるグーグル対策」や「小手先ヤフー対策業者が消える」などの話題があちこちから流れてきます。

私たちは元々、「信号機で言えば『青信号』のSEO対策が長い目で見れば一番重要。」という立場を取ってきました。
お客様でお伝えしていることを確実にやって下さっている方は急に慌てる必要はないはずです。寧ろ日本の検索市場において落ち着きのあるSEO対策が主流になると考えたいものです。

(さらに…)

Yahoo!JAPANがGoogleの検索技術を採用!

2010 年 7 月 28 日 水曜日 投稿者:takayanagi

Yahoo!JAPANがGoogleの検索技術を採用!

昨日、Yahoo!JAPANがGoogleの検索技術を導入するという記者発表がありました。以前にも、グーグルはヤフーに対して、2001年から2004年まで検索エンジンを提供していました。

今回の契約は、検索エンジンと検索連動型広告配信システムについてのみであるということです。
そして、Googleの検索技術をYahoo!JAPAN独自のものにカスタマイズしてサービス提供するとのことです。

検索エンジンと検索連動型広告配信システムの切り替えの時期については現時点では未定です。

米ヤフーが検索エンジンと検索連動型広告配信技術の提供をマイクロソフトから受けることはすでに発表されていることであります。ヤフージャパンも同じ路線を歩むものと思っていましたが、今回の発表で独自の道を検討しているように感じます。

私たちは、Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジンに切り替わっても対応できるよう今後とも努めてまいります。現在も、グーグルに相性がよいWordPress(ワードプレス)を採用し、ホームページ制作やブログ作成サービスを提供しております。
これからもお客様のお役に立てるよう、より一層努力していきます。

ビジネスeパスポート(静岡商工会議所ポータルサイト)

2010 年 2 月 6 日 土曜日 投稿者:しずまち
ビジネスeパスポート(PCサイト/携帯サイト対応)

ビジネスeパスポート(PCサイト/携帯サイト対応)

ビジネスeパスポート(静岡商工会議所ポータルサイト)登録募集

新・静岡商工会議所が発足にあわせ、新・ポータルサイト立ち上げへ

3月31日に静岡商工会議所と清水商工会議所が解散、4月1日に新静岡商工会議所が発足することに伴い、両商工会議所が運営してきた「ビジネスサイト@静岡」・「e-清水ベイサイドパーク」を統合して「ビジネスeパスポート」が開設されることになりました。

これまでも検索エンジン上位表示や、公的ポータルサイトであることの信頼性から、各地で商工会議所のポータルサイトはわずか1ページの企業情報でも結果を出してきています。

ただ、今回のビジネスeパスポートはもう一段踏み込んだ運営を目指しておりますので、以下のような特長が挙げられます。

 

  1. 静岡商工会議所運営サイトの安心感と信頼性
  2. Yahoo! Googleなど検索エンジンの上位表示
  3. 携帯サイト対応で販路拡大・集客効果UP
  4. 自社HPの詳細ページのアクセスアップ
  5. CMSでHOTな情報を即時配信
  6. ホームページの運営ノウハウが手に入る

携帯サイトの対応により、広告宣伝費を抑えて成果を挙げたい商店の登録価値は高く、自社HPのサービス・技術紹介ページを紹介してもらえる欄も設けられているので、SEO効果による認知度アップにもつながります。

投稿者:しずまち

HP活用の秘訣とインターネット広告セミナー終了

2009 年 10 月 27 日 火曜日 投稿者:しずまち

HP活用の秘訣とインターネット広告セミナー

Web戦略セミナー(HP活用の秘訣とインターネット広告)を終了

静岡商工会議所主催のセミナー第1部講師を務めました

本日、Webセミナーにご出席下さいました受講者の皆様、静岡でのセミナー開催の呼びかけに反応して下さいましたYahoo!JAPANの皆様、誠にありがとうございました。

HP活用の秘訣

私からは、『総論』という形での「インターネット活用法」をお話させていただきました。

『総論』というのは、誰にも伝わらない情報となってしまう場合もあります。その為、皆さんが悩むことや、考えすぎの部分をどう解決するかをご案内しました。

『アイデア』と『体制』次第で状況は変えられるというメッセージを送りました。

(さらに…)

オーバーチュアがヤフーと合併、Yahoo! リスティング広告へ

2009 年 10 月 6 日 火曜日 投稿者:しずまち

オーバーチュアがヤフーと合併、Yahoo! リスティング広告へ

「Yahoo! JAPAN リスティング広告」の動向が静岡で確認できる!

オーバーチュア株式会社とヤフー株式会社が合併しました。

旧「オーバーチュア」のサイト=新「Yahoo! JAPAN リスティング広告」のサイトを見ると、以下のように報告されてます。

以下引用
リスティング広告の更なる発展とより質の高いサービス提供を目指し、オーバーチュア株式会社は、2009年10月1日(木)をもちまして、ヤフー株式会社と合併いたしました。

検索連動型広告「スポンサードサーチ」「スポンサードサーチ モバイル」、興味関心連動型広告「インタレストマッチ」は、引き続き「Yahoo! JAPAN リスティング広告」としてサービスを提供して参ります。広告主の皆様には、これまでと変わりなくサービスをご利用いただけます。

Yahoo! JAPAN リスティング広告 << HPを見る

(さらに…)

いろんな種類の検索エンジン:Mooter(ムーター)

2009 年 9 月 23 日 水曜日 投稿者:しずまち

いろんな種類の検索エンジン:Mooter(ムーター)

いろんな種類の検索エンジン:Mooter(ムーター)

Mooter(ムーター)を私が知ったのは2005年くらいのことですから、ウルフラムアルファのような新種の検索エンジンではございません。

ただ面白いタイプの検索エンジンだな・・・と思いますよ。

短く言うと「検索結果画面にクラスター分類を採用」した検索エンジン。

(さらに…)

ウルフラムアルファ検索でわかるSEO対策

2009 年 9 月 22 日 火曜日 投稿者:しずまち

ウルフラムアルファ検索でわかるSEO対策-1

ウルフラムアルファ検索でわかるSEO対策

Googleキラーグーグルキラー)」と呼ばれる新種の検索エンジンだそうです。と、前回お伝えしました。

「計算知識エンジン」が、どれだけ凄いのか、確認してみようと思いました。上の画像は実際にウルフラムアルファ(英語版)を使った時のものです。

  • まずは、「Q : ウルフラムアルファは誰が作ったの?」
    Who made the WolframAlpha?
  • すると彼(ウルフラムアルファ)からの答えは、
    「A : スティーブンウルフラムと彼のチームだよ。」
    I was created by Stephem Wolfram and his team.

これは確かに凄い。 (さらに…)

ウルフラム アルファという新種の検索エンジン現る

2009 年 9 月 12 日 土曜日 投稿者:しずまち

ウルフラム アルファ(Wolfram Alpha)は新種の検索エンジン!?

2009年5月18日、オンラインの質問応答システム【Wolfram Alpha:ウルフラム アルファ】(←英語版)が発表されました。

『検索エンジン対策が得意なホームページ制作会社』として皆様に理解していただいている弊社としては、これは研究しないといけない・・・と思いつつ、手がつかないまま時間が過ぎているので、先にブログに「ウルフラム アルファ」というものがあることを書いてしまってから、研究発表をしていこうと思っています。

(さらに…)

携帯サイトとモバイルSEO対策の必要性

2009 年 8 月 31 日 月曜日 投稿者:しずまち
携帯サイト・モバイルSEOの必要性(Yahoo・Google)

【検索結果】 左:Yahoo / 右:Google

携帯サイトとモバイルSEO対策の必要性

最近よく「携帯サイトにどう対応したら良いですか・・・」と聞かれます。

携帯サイトのユーザーは、PCサイトのそれとは違います。またPCと携帯電話という機器の違いもあります。

そのような意味では、PCサイトと全く同じ事だけをしておけば良いわけではない事はご理解いただけると思います。

弊社は、携帯ブログにも、携帯クーポンにも対応しています。更に携帯ショッピングサイトにも対応しています。状況に合わせた携帯対応が可能だということです。

とっておきの携帯サイト対応は、サクセスCMSで携帯サイトです。

(さらに…)

「グーグル八分」・「ヤフー八分」を知る

2009 年 6 月 10 日 水曜日 投稿者:しずまち

「グーグル八分」・「ヤフー八分」を知る

★★★ ご注意下さい ★★★ いきなり『結論』から入ります!

無意識であったとしても『スパム行為』を行うと、サーチエンジングーグルヤフー等)から情報を削除され表示されなくなります

弊社は、【サクセスブログ】のサービス提供をしています。そのサービスを導入された方は、ブログがホームページ・携帯サイトともにSEOに非常に強いツールであることを実感されます。

だったら・・・と、地域ブログやIT大手企業の無料ブログなど、複数のブログを立ち上げれば、より効果的だと気づかれます。

しかし、そこにちょっとした落とし穴が待っている場合があります。

その複数のブログが、それぞれ違う話題で綴られているのであればOKですが、もしもそのブログが、『コピペブログ的なもの』になっているとすれば、それはサーチエンジンにとっては、ずる賢い行為としてペナルティーの対象になります。

この「グーグルヤフーから情報を削除される」というペナルティーのことを、「グーグル八分(はちぶ)」・「ヤフー八分(はちぶ)」と言います。

(さらに…)

SEO対策とは(その3)

2009 年 4 月 9 日 木曜日 投稿者:takayanagi

SEO対策とは(その3):検索エンジンに表示される要素

  • 情報量が豊富で、わかりやすいリンク構造になっていること。
  • タイトルやディスクリプションなどのメタデータ(HTMLののなかの記述)で、
    ウェブページの内容が適切に記述されているウェブページ。
  • 更新頻度が高く、ユーザーにとって便利なコンテンツのあるホームページ

上記のものはごく一部の要素ですが、SEO対策の基本です。
Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンは、情報量が豊富で更新頻度が
高いサイト、つまり、検索するユーザーにとって信頼できる有益な情報を
出しているホームページを上位に表示させようと取り組んでいます。

タイトルとは、ページの最上部にある青いフレームに記述されている
テキストです。タイトルはSEO対策上最も重要な要素です。
keywords(キーワード)やdescription(ディスクリプション)といった
メタデータは、普通にサイトを閲覧してる状態では見えない部分です。
表示のページのソースをクリックすると閲覧することができます。
キーワードは、ページの中に適切に散りばめられており、かつ露出度
を高くしたい言葉を入れておくと効果的です。
ディスクリプションは、ページの内容の説明文です。
必ずしもではありませんが、検索結果に反映されますので、キーワード
を入れつつページの内容を適切に表すことが重要です。

これまでSEO対策の入口の部分を述べてきましたが、SEO対策とは、
Webサイトをより多くの人に閲覧してもらう機会を増やす手段として
考えています。例えホームページを閲覧してもらったとしても、そこに
有益な情報がなければ当然成果にはつながりません。
ホームページの露出度を上げるためのSEO対策と、ユーザーが
知りたい情報をわかりやすく表現し、適切なページへ誘導するLPO対策
(ランディングページ最適化)とのバランスが大切です。

投稿者:takayanagi

前回の記事 >> SEO対策とは(その2)

SEO対策とは(その2)

2009 年 2 月 17 日 火曜日 投稿者:takayanagi

SEO対策とは(その2):普遍的なSEO対策

まず、SEO対策の大前提は、W3C(*1)のガイドラインに従って、博士論文のような理路整然とした構造のウェブページを作成していくことです。
(*1)『W3C』とは、Webサイトのガイドラインを世界基準で定めている機関。

以下のようなことがありましたらSEOの見直しが必要だとお考えください。

  • 実名を入力して検索をかけても、自ビジネスサイトが検索結果に出てこない。
  • 自ビジネスサイトが検索結果に出てくるけど、上位に表示されない。

実名を入力して検索しても検索結果に表示されないホームページは、「存在していないも同然」とか、「最低でも15位以内に表示される必要がある」とも言われます。

そんな場合がありましたら、W3Cのガイドラインにそってホームページ制作をしている弊社にご相談ください。

それがSEO対策の第一歩です。

次回は、「検索エンジンに表示される要素」

投稿者:takayanagi

前回の記事 >> SEO対策とは(その1)

SEO対策とは(その1)

2009 年 2 月 16 日 月曜日 投稿者:しずまち

SEO対策とは(その1):そもそもSEOって?

WEB業界において、そもそもの問題は「WEB2.0」であるとか「CMS」だとか、専門用語で話を難しくしてしまうことにあると言わざるを得ません。

今回の『SEO』って、じゃあ何て読むの?何の略?それでどうなるの?って思う方が多くても不思議ではありません。

「セオ」と読む人もいますが、一般的には「エスイーオー」と読むケースが多いです。私たちが話の中に出す時は、「エスイーオー」と呼びます。

次に「SEO」は、日本語では『検索エンジン最適化』と言われ、「Search Engine Optimization」の略という用語の知識も苦手がらずに、これを機に少し慣れていきましょう。

少しずつ慣れながら理解を深めることがウェブマスター(サイトオーナー)の役割ですから、どうぞ私たちのブログを時々見てください。

次回は、「普遍的なSEO対策

投稿者:しずまち