静岡県や静岡市でも休業要請をする方針

静岡県の川勝知事が県内の店舗や施設の事業者に県が直接、休業要請をする方針を固めました。

■静岡新聞NEWS:静岡県が休業要請へ、協力事業者に20万円 新型コロナ対策

「期間は25日から5月6日までとし、要請に応じた事業者に協力金20万円を支給する。」

「県の休業要請の対象は、ナイトクラブやカラオケボックスなどの遊興施設、パチンコ、マージャン店などの遊技場、生活必需品以外の物品を販売する1千平方メートル以上の店舗、映画館、体育館などとする方向。」

休業と補償はセットで考えなければいけません。東京都以外の自治体は財源が限られているので、政府の早急な経済・補償対策が必要です。

わが町静岡市は・・・

■静岡新聞NEWS:飲食、娯楽対象に休業要請方針 静岡市長が正式表明

「静岡市の田辺信宏市長は21日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市内の事業者に休業要請を行うことを正式に表明した。対象業種は飲食業と娯楽業になる見込み。関係者によると、休業した事業者に支給する協力金は30万円から40万円とする方向で調整している。近日中に詳細を詰め、補正予算案を編成する。」

身を切る覚悟と仰っていますが、身は切らなくていいので補償をもっと厚くして早急に補正予算案を通してください。明石市の補正予算案をご存知でしょうか。

明石市市長「困っている市民に手を差し伸べるのが行政の使命・役割

静岡市は明石市の人口の2倍以上ですし、事業者の数も違うので同じようにはいかないと思いますが、30万円から40万円はなにを基準にしてるのでしょうか?

4月25日(土)~5月6日(水)の12日間の休業を40万円補償・・・1日で割ると約33,333円。厳しいですね。

もう少し手厚くできないのでしょうか。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)