玉置浩二さんのコンサートに行ってきました。【2019年4月20日 東京国際フォーラムA】

2019 年 4 月 22 日 月曜日 投稿者:takayanagi

玉置浩二さんのシンフォニックコンサート

玉置浩二さんのプレミアムシンフォニックコンサート2019(東京国際フォーラムA)に行ってきました。

少なくとも年2回は行きたい玉置さんのコンサート。今回も素晴らしかったです!

前回シンフォニックコンサートを聴いたのは1年前でしょうか。曲目も変わり、玉置さんが素晴らしいのは相変わらずですが、楽曲そのものの魅力が伝わる編曲も素晴らしいですね。

「出逢い」、「あこがれ~ロマン」、「コール」、「行かないで」など全曲いい!特に「JUNK LAND」は最高でした!

家に帰ってから特典のDVDを見たら、編曲当初、「JUNK LAND」のリズムはパーカッションが入っていましたが、玉置さんの提案であえてリズムセクションを外したそうです。

玉置さんの歌がある意味リズムを刻んでいる、ピアノも刻んでますし、オーケストラとのせめぎ合いと言いますか、合う合わないの緊張感がスリリングで格好良かったです!

突き抜けてしまう玉置さんも素敵ですが、今回は突き抜けたい感情をコントロールして聴かせることに集中していたような気がします。

「夏の終わりのハーモニー」や「メロディー」でマイクを置いて歌った時、マイクを置く音を出すまいと物凄く気を遣ってマイクを置いていたのが印象的でした。

玉置さんのこだわりがこの所作に現れているのではないかと思います。

余分な音は一切出さないコンサートへのこだわり。業界は違えど、プロとして見習うべきだと思いました。

そう考えると、譜めくりの音がマイクにもろ入っていたのは残念ですね。というか、オーケストラの譜面台のマイクはいるのでしょうか?

7月のコンサートも楽しみです!


コメントをどうぞ

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)