製造業のホームページ作成を考える-3

SEO対策の技術が製造業とマッチするわけ

先般の「有効なポータルサイト」としてご紹介したポータルサイトは、先に言ってしまえば担当職員が「SEO対策(検索エンジンの最適化)」されたホームページ作成から運用管理をしているから、費用対効果が高いと言えるんです。適正なSEO対策がされているから、おすすめサイトなのです。

そもそもSEO対策とは、何なのか・・・。

  • Yahoo!(ヤフー)/Google(グーグル)など検索エンジンで上位表示
  • とりわけ「ねらい目キーワード」での検索エンジン上位表示がポイント

かなり簡単に箇条書きにしましたが、実は企業サイトの半数は適正なSEO対策が施されていないと言っても過言ではありません。見てもらわないと始まらないのに、探している人に情報が届かない。それではビジネス成果が出ないのは当然のことです。

今回お伝えしたいのは、『SEO対策の技術が製造業とマッチするわけ』ということですから、これより先は製造業の皆さんに話を絞りたいと思います。

実際、製造業の場合、メーカーさんの製品として生産をされているケースが多く、主要取引先メーカー名や製品名を安易に掲載できないケースがあります。勿論、インターネットはやった者勝ちというわけではないので、業界のタブーを無視することはできません。

ただこれまでの取引先以外の専門技術を持つ会社を探す時にインターネットを活用されているケースは非常に多いです。これまでのように経営者の会から人伝えの紹介を引き出すことを考えるよりは、ホームページに「人員」「機械の型番」「台数」「専門技術」を表示するだけで、プロが見れば「対応力」「納期」などの予測がたち、これまで予想もしていなかったお問合せが発生するのが、製造業のホームページです。

今まだインターネット上に、自社サイト・ポータルサイトのどちらにも情報が出ていないようでは、新規の話を開拓するのは難しいですから、これを機にインターネット上に出せる自社情報の整理を急がれると良いと思いますし、ただ出しているだけの貴方はSEO対策されたホームページへのバージョンアップが急務とお考えください。

次回は、「LPO対策で問合せ率が向上する

投稿者:しずまち

前回の記事 >> 製造業のホームページ作成(2)


コメント / トラックバック 2 件

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)