ブランド・アイデンティティについて考える。

お客様の商品ブランドを検討する機会があり、改めて岩崎邦彦先生著「小さな会社を強くするブランドづくりの教科書」を読みました。

P114~115「苦あれば、ブランドあり 

弱いブランドの発想:誰もやってないからやらない → 強いブランドの発想:誰もやってないからやる

前例がないからやらない → 強いブランドの発送:前例がないからやる

この本の内容は全て参考になります。決して楽をする、平均化する、作りやすいは強いブランドを生みません。

砂漠に種をまいて四苦八苦して目を出すまでやりつくす。目が出たら育てる。

ブランドづくりに終わりはありませんね。この原点を忘れずに向き合いたいと思います。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)