インターネットエクスプローラー(IE)の脆弱性

2014 年 4 月 28 日 月曜日 投稿者:takayanagi

マイクロソフトのホームページを閲覧するソフトIE(インターネットエクスプローラー)に新たな脆弱性(システム上の欠陥)が発生しました。

この脆弱性が悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御され、様々な被害が発生する可能性があります。

Windowsのパソコンを買えばIEは付属で入っているので、何も知らなければIEを使い続けるのもわかります。
IEはブラウザの中でシェアがNo.1ですし、それ故にハッカーの標的となりやすいのもあります。

やはり、他のブラウザを使用することをオススメします。

【参考ブラウザ】

■Google Chrome:https://www.google.com/intl/ja/chrome/browser/

■Firefox:http://www.mozilla.jp/firefox/

上記ブラウザは無料でダウンロードできますので、IEをご利用の方はお早めに移行してください。セキュリティ対策は事前の予防が大切です。例えパソコンを乗っ取られる可能性が低かったとしても、危険はできる限り避けるべきです。


コメントをどうぞ

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)