オープンソース・CMS導入時の注意点

オープンソース・CMS導入時の注意点~上手な付き合い方~

オープンソース』とは、ソフトウェアの設計図であるソースコードを、無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布が行なえるようにしたソフトウェアのことです。

弊社は、『無償のオープンソース、安価なCMSを有効活用することが得意なホームページ制作会社』というポジションに軸足を置いています。
そこで結論から言ってしまえば、CMS導入は「何を選ぶか」 そこに尽きると言っても過言ではありません。

世界中には、大変多くのオープンソース・CMSが存在します。
それらは【開発者の理念】によってそれぞれ特長が違います。その『特長を把握する』作業は、導入アドバイスをして構築をするホームページ制作会社がすべきことです。また決して忘れてはいけないのが、開発者が何のために作ったか=開発チームの理念を無視しないということです。

必要なのは、無償のソフトウェアを「都合よく使う」ことではなく、開発チームに敬意を払い「有効活用させていただく」こと。 >> つまりサイトオーナーには「欲張り過ぎず適正に使いこなす」という感覚が求められます。

ユニークな発想で深い部分までカスタマイズするよりは、「なるべくデフォルト(初期値)に近い状態で使い、エラーが起きやすい機能は排除する」くらいの管理者(サイトオーナー)のゆとりが必要だとも感じています。

勿論、レンタルサーバやデータベース形式の選定によりエラーを未然に減らすことや、開発チームへの改善要望を発言していくことなどは、構築する私たちのような者が行うべきことです。お互い(開発者・サイトオーナー・弊社)が少しずつ一緒に成長する必要があるのがオープンソースとご理解いただけるのであれば、あなたはオープンソースユーザーとなり得ると思います。

投稿者:しずまち

——————————————————————
弊社の構築実績のあるオープンソース・CMS


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)