IT協会の事業協力で静岡商業高校へ行く

IT協会の事業協力で静岡商業高校へ行く

IT協会の事業協力で静岡商業高校へ行く

IT協会の静岡情報産業協会(SIIA)の教育研修委員会「人材育成部会」の事業に、協力要請があり、委員会をまたがってお手伝いすることになりました。

静岡県立大学経営情報学部のSゼミが静岡商業高校と連携しているとのことで、少しいろんな大人が高校生に口出しということにならないように気をつけつつ、意見交換をしました。

高校生の発表の内容は、

  • 軟式野球部フォームシステム(電子計算機部1・2年生)
  • 西部生涯学習センター事業システム(電子計算機部3年生) でした。

ネーミングも大切だとか、業務の流れなどが発表の中では分かりにくかったから、後輩への引継ぎに問題が出そうだ、など・・・。

システム開発におけるポイントは、高校生と近い関係になる静岡県立大学経営情報学部のSゼミ生がビシビシ突っ込んだ質問や指摘をしてとても充実していました。わずか数年の差ですが、大学生は社会に近い存在なのだな・・・とも感じました。

本当は社会人が厳しい言葉をかけた方が良かったのかも知れませんが、孤独に頑張るところは社会へ出てから嫌というほどやることになるので、高校生にはとにかく興味を広げて欲しいという思いを伝えました。

私たちも大変勉強になるシステム提案中間発表会でした。ありがとうございました。

静岡情報産業協会の本件報告記事 << HPを見る

投稿者:しずまち


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)