アーティチョークの花

アーティチョークの花

アーティチョークの花。「朝鮮アザミ」というだけあって、アザミにそっくりな花。そして巨大。畑に「ボーン!」と生えているのにはびっくりしました。

先月は、こんな蕾でした。
 ↓ ↓

アーティチョークのつぼみ

畑のオーナーさんにいただいて、ワクワクしながら自宅へ。アーティチョークの食べ方を調べてみたら、なになに、茹でて、がくの部分を一枚ずつはがして、がくの根元のほうを歯でしごいて食べる。。。では早速実践です。

アーティチョークを茹でる

←半分に切って茹でること10分。マヨネーズとドレッシングで食べてみました。

味は、マメのような、イモのような。少し青っぽい味でした。
真ん中の花になる部分はゴワゴワチクチクしていて食べられません。
その下の茎の付け根あたりはカリフラワーの茎のほうみたいでまとまって食べられました。

今回のアーティチョークは2年目の花で、5年くらいで美味しくなるらしいです。いつか絶品のアーティチョークを食べたいです。

投稿者:かず


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のためお手数ですが下の計算の答えを半角数字で入力してください。 (必須)