EC-CUBE (イーシーキューブ カスタマイズ)

ネットショップの現状

ネットショップの現状

現在、ネットショップを開業するためには大まかに3つの選択肢があります。一つは独自にゼロからECサイトを構築する方法。 一つはASPサービスなどを利用する方法。そしてもう一つはオープンソースなどを利用して自社サイトを立ち上げる方法。

それぞれの特徴・機能・コストなどから自社に合った方法を選ぶ必要があります。

ネットショップ開業・運営における問題点

ネットショップ開業・運営における問題点

まず独自にECサイトを構築する場合。システムをゼロから構築すると莫大な費用がかかります。また、動きが早いネット業界では常に新しいトレンドが生まれ、 それに合わせてシステムを改良していくと膨大なランニングコストがかかります。

手軽にネットショップを開業するならASPサービスですが、ASP業者が用意したフォーマットに従ってショップを構築することになり、自社の特徴が出しづらいです。 また、出店料・ランニングコストも、たくさんの商品を扱ったり様々な機能を利用したりすると当初の予算をオーバーしてしまうケースも少なくなりません。 ASP業者のサービスに依存しているため、もしASP業者がサービスを中止した場合には改めて別のASPサービスを探して最初から構築し直さなければなりません。

だから選ばれる「オープンソース」

だから選ばれる「オープンソース」

対してオープンソースはデザインを自由にカスタマイズできますので、自社の特徴を出しやすいのが大きなメリットです。また、必要な機能が一通り揃っている ネットショップを抑えた費用で構築でき、新しいトレンドにも比較的早く対応できます。

もちろん、自社のサーバを使うので、ネットショップの規模の拡大なども自由に行うことができます。

EC-CUBEが選ばれる理由

日本発のオープンソースであるEC-CUBEは、海外発のものに比べてネットショップ管理者にもショップ利用者にも使いやすいデザインで構成されています。 小規模のショップから大規模のショップまで柔軟に扱える使い勝手の良さと、携帯のECサイトにも標準で対応していることから徐々に注目が集まっています。

EC-CUBE・イーシーキューブ

構築・カスタマイズはウェブサクセスにご相談ください

ウェブサクセスではデザインのカスタマイズ、SEO対策、EC-CUBEの機能のカスタマイズを行っております。御社のご要望に合わせてカスタマイズをご提案させていただきますので、まずはご相談ください。