メールソフトの設定(windowsメール)

メールソフト「Windowsメール」をご利用の方に、メールアカウントを作成後、実際にパソコンでメールを送受信するための設定方法についてご説明します。

メールソフトの設定 Windowsメール

◆注意◆
スパムメールチェック機能は独自メールヘッダを判定できるメールソフトで動作いたします。Windows Vista版のWindowsメールは独自メールヘッダを判定できないため、動作いたしません。あらかじめご了承ください。

Windows メール(Windows Vista版)の設定

1.Windows メールを起動し、メニューバーの【ツール】から【アカウント】をクリックします。

メニューバーの【ツール】から【アカウント】をクリック

2.【追加】ボタンをクリックします。

【追加】をクリック

3.【電子メールアカウント】を選択して【次へ】ボタンをクリックします。

【電子メールアカウント】を選択し【次へ】をクリック

4.表示名を入力して、【次へ】ボタンをクリックします。

表示名を入力し【次へ】をクリック

5.メールアカウントを入力して、【次へ】ボタンをクリックします。

メールアカウントを入力し【次へ】をクリック

6.各設定を入力して、【次へ】ボタンをクリックします。

【受信メールサーバの種類】:POP3
【受信メールサーバー(POP3)】:pop.お客様のドメイン名
【送信メールサーバー(SMTP)】:smtp.お客様のドメイン名
各設定を入力し【次へ】をクリック

7.ユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力して、【次へ】ボタンをクリックします。

ユーザー名とパスワードを入力し【次へ】をクリック

◆注意◆
ユーザー名はメールアドレスを入力します。
OutlookExpressは自動で@の前だけを表示しますが、@以降の入力がないと送受信ができませんのでご注意ください。

8.完了画面が表示されたら、【完了】ボタンをクリックします。

9.続いてPOP before SMTP の設定をします。【ツール】から【オプション】をクリックします。

【ツール】から【オプション】をクリック

10.【送信】タブにある【メッセージを直ちに送信する】のチェックを外し、【適用】ボタンをクリックします。

【送信】タブの【メッセージを直ちに送信する】のチェックを外し【適用】をクリック

▲PageTopへ

【スパムメール件名表示】のメールソフト設定方法

スパムメール件名表示は、スパムメールと判断されたメールの件名に[SPAM]という文字列を追記します。ここでは特定の件名を判別し、受信時に自動的に特定のフォルダ(SPAMフォルダ)に振り分ける方法をご案内します。

◆注意◆
スパムメールチェック機能の判定は、アイアンポートシステムズ株式会社提供の定義ファイルを基準としておりますが、 完全なものではありません。場合によってはお客様にとってスパムメールではないメールを、スパムメールと誤判定してしまう可能性があります。 そのためメールソフトで振り分けを行った際には、 スパムメールの振り分け先としたフォルダは、必ず目視による確認を行ってください。

1.Outlook Expressを起動し、【ローカルフォルダ】を右クリックします。「フォルダの作成」でスパムメールを振り分けるフォルダを作成します。今回は「SPAM」とします。

【ローカルフォルダ】を右クリックし「フォルダの作成」でスパムメールを振り分けるフォルダを作成スパムメールを振り分けるフォルダを作成スパムメールを振り分けるフォルダを作成

2.メニューバーの【ツール】から、【メッセージルール】を選択し、【メール】を選択します。

メニューバーの【ツール】の【メッセージルール】を選択し【メール】を選択

3.【ルールの条件を選択して下さい】のなかから【件名に指定した言葉が含まれる場合】にチェックを入れます。 次に、【ルールのアクションを選択してください】のなかから【指定したフォルダに移動する】にチェックを入れます。

【ルールの条件を選択して下さい】の【件名に指定した言葉が含まれる場合】にチェック  【ルールのアクションを選択してください】の【指定したフォルダに移動する】にチェック

4.【ルールの説明】で、【指定した言葉が含まれる】のリンクをクリックし、[SPAM]と入力します。

【ルールの説明】で【指定した言葉が含まれる】のリンクをクリックし[SPAM]と入力

5.【ルールの説明】で、【指定したフォルダ】のリンクをクリックし、作成したSPAMフォルダを指定します。【OK】ボタンをクリックします。

【ルールの説明】で【指定したフォルダ】のリンクをクリックし作成したSPAMフォルダを指定

6.次回メール受信時より、スパムメールと判断されたメールが振分けられます。

▲PageTopへ

Outbound Port 25 Blocking対策向けメールソフト設定方法

1.【ツール】から【アカウント】を選択します。

【ツール】から【アカウント】を選択

2.利用しているメールアカウントを選択し、【プロパティ】をクリックします。

利用しているメールアカウントを選択し【プロパティ】をクリック

3.表示されたダイアログの【詳細設定】タブを開き、【サーバーのポート番号】の【送信メール(SMTP)】を【587】に設定し、【適用】ボタンをクリックします。※通常、送信メール(SMTP)のポート設定部分は25となっています。

【詳細設定】の【サーバーのポート番号】の【送信メール(SMTP)】を【587】に設定し【適用】をクリックし

▲PageTopへ