ものづくりのこと

タノシゴト
2010 年 7 月 11 日 日曜日

アメーラ®トマト・美味しさを創る農場 Part1

アメーラトマト大井川農場

アメーラ®の「(株)サンファーマーズ」さんの、大井川農場を見学をさせていただきました。
日曜日でしたが、出荷の真っ最中でした。

アメーラ出荷

まずは邪魔にならないように、出荷の様子を見守ります。
倉庫いっぱいのアメーラの箱が、手際よく出荷先のスタンプを押され、トラックに積み込まれていきます。
県内・県外の市場やお店に向かって旅立つトマトたち。

ハウス

いよいよアメーラ®生産の現場へ!

選果・出荷場を見学した後、アメーラを栽培しているハウスへ案内していただきました。


アメーラの土

はじめに白い四角い袋がたくさん積まれた場所。アメーラの土です。
土は、スリランカのココピートです。においも無く、ふかふかです。
ココピートは、ヤシの皮を崩したものなので、収穫後は葉や茎と一緒に完全に土にかえります。

アメーラの苗

ここは苗テラスです。
種~苗は、生育のステージごとに部屋を分けて、決められた水・温度・光・CO2の管理で育てられています。
厳しく管理されているので、大事な苗の期間に農薬を使うことなく害虫や病気を防ぐことが出来るのですね。

設備の説明

機械や設備の導入・配置、種~苗~トマトが出来るまでの管理方法、品質・規格の選別・・・
「色々試して、何でもやってみたんだよ」と、稲吉さん。
やれる事は何でも挑戦して、失敗や試行錯誤を繰り返してこられたのは本当に大変な事だったそうです。
それだけ手間ひまかけて、育てているのだから、美味しくなるわけです。

苗テラスを卒業した苗を育てているハウスの話は、次のページでご紹介しますね。

アメーラ®ショップ http://www.amela-shop.com/

→次のページへ